COLUMN

📖代々木パーソナルジム/生活習慣病の方へ向けたスペシャル療法

[2023-09-09]

前職では数多くの生活習慣病の方をダイエットに向け手引きさせて頂きました。

今回はボディデザインコンサルが生活習慣病の方へ行ってる運動療法、食事生活について紹介いたします。

 

①効率の良い筋力トレーニング

・生活習慣病の方には体重を落とすと同時に脂肪が燃焼しやすい体質に変化させることが大切です。

 体質を変えるには主に下半身を中心としたトレーニングが重要になります。

 

・脚、お尻など身体の大きい部位を鍛えることは消費エネルギー量も高くダイエットにも有効です。

 

例:スミスマシンで行うスクワット

例:スミスマシンで行う脚のトレーニング(とても簡単です)

◆自重ではなく加重してトレーニングをおこないます。

体重を落としながら使用重量を徐々に加重することで身体の筋量が増え体脂肪だけ落ちます。

すると体重が増えにくく痩せやすい体質に変わりリバウンドを防ぐことができます。

 

②有酸素運動の重要性/HIITトレーニングを活用

・ボディデザインコンサルでは筋力トレーニングの後にHIITトレーニングを積極的に取り入れてます。

・HIITとは高負荷で間欠的なインタバールトレーニングとして脂肪を燃焼させるには有効な手段です。

・有酸素運動では主に酸素がエネルギー源となります。酸素と共にエネルギーとして供給されるのが糖脂、   脂質になり中性脂肪などから使用エネルギーに変換されます。

③あくまでも健康的な食事制限

・ボディデザインコンサルでは例外を除き過度な糖質制限は行いません。

無駄な脂質を省き調味料量を工夫することを推奨しています。

 

・綿密なカウンセリングからPFCバランスを計測し毎回セッション前にinbody測定にて体側成分を記録していきます。

数値の変化にあわせ食事の内容も臨機応変に代えていきます。

④二次的な機能障害を緩和

 

・メタボにより体重が増加し腰や膝に負担がいき、思うように身体が動かせない方も少なくありません。

 

・変形性膝関節症や椎間板性腰痛などに適したオリジナルメソッドで対応させて頂きますのでご安心ください。

 

例:骨や筋肉に負担がかからないアイソメトリック手法

ARCHIVE
2023年(146件)